チャリダー★ライターの「カクシゴト」

東京在住の広報ライターは何を考えているのか?

書く仕事

「まだ図書館で調べてるの?だせー」と言う前に、こっそり読むべき一冊

人生をやり直したいと思うほど、衝撃を受けた本がある。『図書館に訊け!』 だ。これは図書館の上手な使い方を私に教えてくれた。「はぁ? いまどき図書館?」と思うなかれ。著者は冒頭、こんな言葉で読者を挑発する。 図書館の怖いところは、利用者の関心や…

【私見訥々】なぜ企業のwebはつまらないのか?

この本を読んで、糸井重里のことが、ちょっと怖くなった。『インターネット的』は今から14年前の2001年に書かれたものだけれど、見事に今のインターネットで起きているモノの売り方・買い方の変化を言い当てている。たとえば、これからの商品についてはこん…

ライターじゃない人のための文章作成法

「もう私の順番なの? この前書いたばかりなのに」会社でゆるめなSNSを社員の持ち回りで書いている場合、書く順番がくるたびに憂鬱になる人は多いと思います。実際にそういう人を目にすることがあるのですが、見ていると、書けないパターンには2つあります。…

誤植チェックは“知らない社員”にまかせよう

この手の話は、墓穴をほるってわかっているのですが、書いちゃいます。企業のプレスリリースに誤植があると、「この企業、大丈夫?」と思います。 気になる誤植と、気にならない誤植 小さな企業のリリースなら、別に気になりません。大企業であっても、ブロ…