チャリダー★ライターの「カクシゴト」

東京在住の広報ライターは何を考えているのか?

荒川下流の桜はまだまだつぼみです(2016年3月23日現在)

荒川沿いには、咲きっぷりが見事な桜並木がいくつかあります。きょう(2016年3月23日)は下流の小松川千本桜の様子をチェックしてきました。

小松川千本桜

結論から言うと、ぜんぜん咲いていませんでした。ぎゅーっとつぼみのまんまです。そういえば川沿いは寒いので、開花の時期も、満開の時期も、都心より遅いんだったっけ。例年、だいたい1週間ぐらいあとだったかな……ちょっと自信がありませんが。

桜の蕾

平井近くで右岸は工事中(予定は3月末まで)

この日は荒川の右岸(流れに沿って右側が右岸です)を中流から南下したのですが、ちょうど小松川千本桜の手前、平井あたりで河川敷の工事が行われていました。

迂回路がつくられていたのですが、これがロードの敵である砂利敷きでして……気合いで砂利を走るローディーと、迂回路を迂回してグラウンドの端の土面を走るローディーがいました。私は砂利をのそのそと行きましたけど、ちょっとゆるい砂利だったので、足下が不安定でした。でもって、タイヤもフレームも砂ぼこりでまっ白になってしまいました(涙)。

桜が本格的に咲いて、チャリで花見に来る人が増えれば、砂利はいい感じで踏み固められて、走りやすくなるかもしれません。それまではみなさん、どうぞお気をつけて。

#ちなみにこれは、桃の花。

これは桃の花

「おっ、咲いてるじゃん」と思って近づいてみたら、桃でした。なんて、いかにも違いのわかるような振りして書いてますけど、木の根元に「モモ」って書いたプレートがなければ、桜と信じて疑いませんでした……。似てるんですよ、花が。