読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャリダー★ライターの「カクシゴト」

東京在住の広報ライターは何を考えているのか?

跳ね上げ式アイウェア(サングラス)の弱点~紫外線で目を日焼け~

「目が痛い!」
まる一日サイクリングすると、帰宅してから目の痛みに襲われることがあります。花粉症なので(杉はもちろんヒノキやブタクサなど、ほぼ年がら年中、なにかの花粉に反応してしまう)それほど気にしていなかったのですが、この日はあまりにも痛かったので、眼科に行きました。

そこでわかったのが、目の日焼け。ダメージが積み重なって、なかなか厄介なことになっていました。

自転車に乗るときは、いつもアイウェア(自転車用のサングラス)をしていたのですが、意外な落とし穴がありました。

f:id:yodakazoo:20160207213203j:plain

サングラスの隙間から入り込む紫外線

私はコンタクト嫌いの近眼なので、跳ね上げ式のアイウェアをしています。ルディプロジェクトという自転車乗りに人気のメーカーのもので、目尻までしっかり覆われているし、風の巻き込みはないし、まぶしさも全く感じません。だから気に入って長いこと使っていたのですが、残念ながら、鼻側の隙間から紫外線が入り込んでレンズの裏で反射して、目に入っていたようです。

仕方がないから買い換える……と言いたいところですが、跳ね上げタイプは度入りレンズの上にサングラスレンズを付けるので、構造上、目とレンズの間の距離が長くなりがちなんです。そもそもルディを選んだのは、買うときにいろいろ試した結果、一番自分の顔にフィットしていたからなので、選択肢がないという困った状態です。

紫外線に対する当面の解決策

そこで当面の解決策として、二つの手段を講じることにしました。一つは鼻当てを調整してレンズを顔のギリギリまで近づけること(最初からやっていたことですが、今回、限界まで近づけることにしました)。もう一つは、これ。

f:id:yodakazoo:20160502190120j:plain

サイクルキャップ。私はメッシュインナーが好きなので、キャップは秋の夕暮れどきぐらいしか使っていませんでしたが、ツバの威力は絶大なので、これからは通年キャップにしようと思います。

しばしこれでしのぎつつ、地道に新たなアイウェア探しもしたいと思います。アイウェアの種類によってはカーブレンズそのものに度を入れることも可能ですが、私は近眼がきつすぎて、そんなレンズを作ったら視界が歪んで船酔い(と言うのか?)して自転車なんて乗れないので、気長に探します。

【サイクルキャップ デザイン豊富で楽しい】

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ MOLTENI

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ MOLTENI

 
アピス(APIS) サイクリングキャップ GIANT ALPECIN

アピス(APIS) サイクリングキャップ GIANT ALPECIN

 
APIS レトロレーシングサイクリングキャップ REYNOLDS

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ REYNOLDS

 
APIS レトロレーシングサイクリングキャップ SALVRANI

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ SALVRANI

 
APIS レトロレーシングサイクリングキャップ CLEMENT

APIS レトロレーシングサイクリングキャップ CLEMENT

 

【参考サイト】
アイウェアの選び方(スワンズ)

メガネの隙間から入り込む紫外線(参照:メガネショップ「アップル」 下の方にイメージ図アリ)

日最大UVインデックスの月別累年平均値グラフ(気象庁)
※5月にはすでに紫外線は強くなっているのでご注意を。